飲食店のオーナーになるために絶対に必要なこと3選!

リスクを恐れず行動する人!

飲食店を出店するときに大体どの程度のお金がかかるかご存じですか?ラーメンやレストランなど飲食店の種類にもよりますが、少なくとも1000万円はかかります。もちろん初めからそんな大金をもってる人は少ないです。相当のお金持ちで、遊び感覚で出店するオーナーは別ですが、ほとんどの人が何年間か貯金して、銀行から融資を受けたりしてお金を借りて用意します。当然その飲食店が上手くいかなかったら借金を追うことになりますよね。なのである程度のリスクを取れる人がオーナーに向いていると言えます。

お店のマネジメントができる人!

飲食店を出すにあたってやってはいけないことが赤字を出すことですよね。もちろん赤字を出したくて出してるわけではないですが、きちんとコスト管理などをしないと簡単に赤字になっていまします。そして売上がどのくらいあろうが、かかってるコストの方が多ければ赤字になってしまうんです。簡単なことなのですが、意外に自身の飲食店のマネジメントができないオーナーも多く、勢いで出店して、繁盛はしているものの赤字になり閉店してしまうケースがあります。しっかり黒字になるような計算ができるということがオーナーには必須の条件のようです。

人付き合いが上手い人!

飲食店のオーナーになるにあたって一番大事な部分ではないでしょうか?オーナーは店の経営だから人付き合いなんて関係ないという人は高確率で閉店に追い込まれます。結局人付き合いが一番大事で、ここを重視しない人は飲食店のオーナーには向いてないでしょう。特に同業者との関係は大事で、同業者との関係を悪化させるような言動や行動はすぐ悪い口コミとして広がるので注意しましょう。自身の飲食店を売るために他店の評価を下げるような宣伝ばかりしているお店に行きたいと思う人は少ないですよね。同業者と良好な関係を続けていける人というのはオーナーとしての必須条件みたいなものです。

飲食店の譲渡の際に、内装などを一新してしまうと更にお金が掛かる事になってしまいます。しかし、内装そのままに使う事を居抜きと言い、利点としては時間短縮・経費削減・不要なゴミの削減など多くのメリットがあります。

Category: 未分類

- 2015年4月25日