マンションを手に入れる!買い方の手順とポイント

自分の欲しいマンションのイメージを固めよう

そろそろ賃貸暮らしを卒業してマンションを買おうと思い立った場合には、どんな場所にどんなマンションを購入するかのイメージを固めるのが第一ステップになるでしょう。新聞の折り込み広告や無料のマンション情報誌などを研究してマンションの機能や特徴、最寄駅ごとの相場の情報を加味しながら自分の購入したいマンションのイメージを具体的にしていきます。その過程で、どの駅に住みたいか、予算はどれぐらいかということもより具体的になっていくでしょう。

モデルルームへ行ってイメージをふくらまそう

ターゲットとなる最寄駅と価格帯のイメージが固まってきたら、その対象範囲に入るような売り出しマンションのモデルルームへ行くといいでしょう。その物件そのものに強い興味がなかったとしても、モデルルームで勉強できることはたくさんありますし、何より、実際の部屋の空間を見ることによって具体的な暮らし方がイメージできるかもしれません。いくつかのモデルルームを見ているうちに、これだという物件に巡り合うことができるでしょう。

住宅ローン契約と売買契約をしよう

購入したい物件が決まったら、住宅ローンの契約と売買契約をします。売買契約をする場合には、その前に住宅ローンの仮審査をパスすることが必要になるかもしれません。ローン金額は、借りられる目いっぱいの金額ではなく返済できる範囲に留めるように注意すべきでしょう。さらに売買契約をする場合には、説明される重要事項をすべてしっかり理解し、疑問があれば確認をした上で契約することが大事でしょう。その後ローンの本審査をパスしたらあとはマンションが完成し入居日がくるのを待つだけです。

新築マンションでは、最新の設備が充実している点が大きな魅力となっており、より快適性や利便性を追求した暮らしが実現します。

Category: 未分類

- 2015年5月26日