節約が可能!?居抜き物件を賢く使って資金節約

居抜き物件はお得な物件

居抜き物件はお得にお店を始めることができる物件です。店舗物件には主に2つの種類があり、1つはスケルトン物件、もう1つが居抜き物件です。スケルトン物件というのは何もないまっさらな状態の物件のことで、居抜き物件は道具や小物がある程度揃っている状態の物件のことを言います。道具が最初からついているので、当然居抜き物件の方が店舗費用を安くすることができますよね。スケルトンと居抜きでは、金額にして300万円くらい違ったりすることもあるのです。

厨房機器なども揃っていたり

店舗物件には前にも同じ業種の店舗が入っていたというところも多くあります。たとえば同じラーメン屋であったとすれば、居抜き物件では高価な厨房機器が残っていたりすることもあるので、設備投資のお金を大分削ることが可能です。特に飲食店でいちばんお金がかかるのがこうした厨房機器ですから、この部分を節約できるというのは大きな利益であるはずです。居抜き物件であればそうやってお金を節約できるので、余ったお金を運転資金に回すとか、あるいは借入を少なくできるなどの利点があるんですね。

居抜き物件に不安は?

居抜き物件というのは、前の店舗の業績が良くなかったから、そのままお店をたたんでしまった物件の跡地という場合ももちろんあります。そういう場合は、自分も同じ失敗した場所に店舗を構えて大丈夫か、なんて心配をすることもあるでしょう。しかし病めるお店と言っても色々な事情があって、中には業績不振ではなく体調が悪くてなど、いろいろな事情があるものです。居抜きの店舗物件を探すときには初めから偏見を持たないようにしましょう。

店舗物件は同様の間取りの住宅物件と比べて家賃が高額になる傾向があります。また、都市部や駅前などの立地にある物件は特に金額が高騰しやすいので入居契約を結ぶ際は注意が必要です。

Category: 未分類

- 2015年6月20日