結構重要だけどあまり知られていない!?外壁塗装の正しい手順

外壁塗装の手順を知っておいた方がいい理由とは

外壁塗装をする時には最低でも60万円程度のお金がかかるのですが、多くの人にとってはかなり大きな買い物ではないでしょうか。ですが、外壁塗装業者の中には、手抜き工事をしてやっていない部分の費用も請求することがあるのですね。例えば、下地補修をしなければならないのに全く補修をせずにそのまま外壁を塗装してしまう場合などです。これは、素人である顧客が外壁塗装について知らないからできてしまうのです。つまり、顧客側で正しい塗装の手順を知っておくことで防ぐことができるのですよ。

大まかな塗装の手順とは

外壁塗装は意外と手間がかかり面倒くさいのです。まず、足場を設置して外壁の汚れを高圧洗浄で落とし、きれいにします。その後、穴ぼこがあいている箇所やひび割れている個所を補修して、マスキングや養生をして下地の塗装を塗るのです。塗装は普通全部で3回行いますが、下地の塗装は中塗りや上塗りの時にはがれにくくするために行います。中塗りは結構厚めに塗ることで塗装を頑丈にするのです。上塗りはあまり日の当たらない場所は塗らない時もあります。

どのくらいの期間がかかるかも知っておこう

これらの一通りの流れでおおよそ8日間から12日間ぐらいかかるのが普通ですね。ですから、3,4日で塗装を終わらす業者があるとすれば塗料を3度塗っていないか、下地処理をしていないかなど何らかの手抜きをしている可能性があるのですよ。もし、見積もりや契約の前段階であまりにも短い期間で終わってしまうという説明を受けた場合はどのような手順で行うのかを聞いておいた方がよいでしょうね。実際に作業現場を見ることは難しいですので、そういった情報から判断するのが一番でしょう。

外壁塗装にかかる費用は、工務店や塗装業者によって様々です。そのため、外壁塗装を千葉で依頼するなら、千葉県内の塗装専門業者がオススメです。

Category: 未分類

- 2015年7月31日