マンションリフォーム費用っていくらかかるの?

中古マンションってリフォームがいるの?

中古マンションや中古の一軒家など中古物件を取り扱う場合に避けて通れないのがリフォームです。マンションの場合には外観や共有スペースに関する修繕は大規模修繕費用を積み立てており、外部の業者に管理を委託しているのが通常ですので、それほど傷みが気になることはありませんが、各住戸に関して言えば中古の戸建同様、住人がどれだけメンテナンスをしていたかによって室内の環境が変わってきます。きれいに利用していたとしてもバストイレ、キッチンなどの水回りに関しては最新式のほうがエコで経済的な設備があることは間違いありませんので、中古物件の場合にはリフォーム費用が200万円程度はかかると考えておくべきだといえます。

居室のリフォームなら

リビングや個室の床が木材の場合やフローリングの場合には老朽化していたとしても味わいのある色味に変化していることが多く、そのまま継続して利用できるはずです。しかし和室の場合には畳替えをしたほうがおすすめですし、状態や生活スタイルによっては総入れ替えをするかフローリングに変更するかしたほうがいい場合もあります。ただ新しいものに交換するのではなく、防音や防湿などに配慮したり、掃除をしやすいアイテムを選ぶのがおすすめです。

キッチンバストイレのリフォームなら

きれいに見えても汚れがついているのがキッチンバストイレの水回りです。築浅の場合には清掃専門の業者に掃除を依頼すればそのまま利用することもできますが、やはり老朽化が目立つと頻繁に修理しなければならなくなったり、掃除をしてもぴかぴかにするのが難しいものです。前任者が利用していたことを考えると衛生面でも交換したいという気分になるのが水回りです。転居前に一気にリフォームしてしまえば新築同様の気分で生活することができますし、エコで快適な暮らしをすることができるのでおすすめです。

築年数が古いマンションの場合、内装や設備の老朽化によって入居率が低下してしまう場合がありますが、マンションリフォームを行うことで、新築に近い魅力的な状態にすることができるので、入居率アップにつなげることができます。

Category: 未分類

- 2015年4月25日