最低限知っておきたい!質のよいマンションを買う方法とは

新築マンションを買う場合

新築マンションを買う場合にはどのようなことに気を付けなければならないでしょうか。せっかくマンションを買うのだから失敗したくはないですね。そこでまずは、新築マンションを買う時はできるだけその立地を見ておくようにしましょう。マンションの存在価値はその立地です。もし、立地が安いマンションがあった場合には、そのマンションはあまり存在意義がないわけですね。そこで、実際にマンションから駅までの距離を確かめたり、そのマンションの周りを歩くことが大事になるのです。

現物を見ることが出来ない

立地がよいマンションはすぐに売り切れてしまいます。少なくとも南向きなどの条件のいい部屋は何日も迷っていると申し込みをしようとしたときにはすでに先客がいて、入ることが出来ないということも珍しくはありません。そのため、マンションが建築され実際に部屋を見てから決めるということが出来ないことが多いのです。そこで、マンションを買う場合にはそのマンションと似た造りを聞き出し実際に出来上がったマンションを見に行くという方法もあります。

中古マンションの場合はどうか

中古マンションを買う人が最近増えていますね。中古マンションの魅力は何と言っても価格が安いことですね。また、すでに建築されているため、部屋の中身を確認しやすいことです。もちろんまだ人が住んでいる場合もありますが、相手方と日程を調節して見に行くことも可能です(調節するのは不動産屋が行う)。ただし、中古マンションは10年以内の築浅でない限り、意外とガタが来ていることがありますね。そこで、入居前にマンションの周りや廊下を歩いてひび割れがないか、劣化箇所はないかなどを見て回ることも大事ですよ。

札幌のマンションは物件数が多いという特徴があります。そのために、好みの間取りや、希望の予算でマンションを選ぶことができます。

Category: 未分類

- 2015年8月22日